2018-05-26 『速報・北朝鮮問題』 「6月12日・米朝首脳会談・中止へ」

5月25日未明、米朝首脳会談 6月12日開催せずとホワイトハウスでの公式会見で明らかにしたとの事です。米 トランプ大統領から北朝鮮 金正恩委員長に書簡を送った事も併せて公開・発表しました。そして、この稿の最下部に添付したものが、ホワイトハウスでの公式声明と共にトランプ大統領の署名が記されている北朝鮮金正恩委員長へ向けての書簡です。

ロイター(外信)から一部抜粋し翻訳した内容が下記に記したものです。

6月12日にシンガポールで開催される予定であったアメリカ-北朝鮮両国の期待のサミットへの交渉と議論に関して、貴台の迅速、忍耐、努力に大変感謝する。しかしながら、我々は次のことを伝えなければならない。会合は北朝鮮側から要請されたものであり、我々から開催を求めたものではないということを

私はあなたに会えるのを本当に楽しみにしていた。残念なことに、あなたの最近の声明には激しい怒りと敵意が示された。そのため、私は長い間調整してきたこの会合を開催することは不適切だと感じている。そのため、あなたの発言の脅しのためではなく、アメリカ-北朝鮮両国の利益のため、シンガポール会合は開催しないことにすることをこの書簡でお伝えしたい。あなたは自国の核兵器の威力について誇示し市世界を脅すが、我々の保有する兵器のほうがより大量でありより強力であることをお忘れなくいただきたい。そしてわたしがそれを使わないよう、どうか祈っている。私はこれまで、あなたとの間に順調に対話ができていると感じていた。そして、最終的には、その対話だけが解決手段である。いつかまたあなたにお会いできる日を楽しみにしている。また、人質の解放について感謝申し上げたい。彼らは今無事に家族と過ごせている。それは美しい行為であり、非常に感謝している。この極めて重要な会合について、もしあなたが考えを改めるようであれば、ためらいなく私に電話や手紙をほしい。

今世界は、特に北朝鮮は、平和と繁栄と富を永続させる絶好の機会を失った。このことは、歴史の中でも極めて悲しい瞬間であった。

以上引用

以前より当ブログにて幾度となく指摘させて頂いて来た通り、米朝首脳会談は一旦ご破算となりました。

米国は北朝鮮の真意が何処にあるのか??…

そして、それはどの様なものなのか??…

これ等を推し量るための政治的、軍事的戦略を繰り返し続けて来ました。その分析の結果、まだ時期尚早だとの判断に至ったのでしょう。北朝鮮に時間を与えてしまう事が1番の懸念事項である事を米国は重々承知してはいますが、朝鮮半島問題に関与している各国の思惑や実利面での取り決めに難航しているのではないかと見る事も出来ます。金正恩委員長は2度訪中し習近平主席と会談しました。会談前の北朝鮮金正恩委員長は、いつもの勇ましい発言を取りやめ意気消沈し不気味な程の静まり様でした。しかし、2度目の会談以降の金正恩委員長はまたもや尊大な言動や挑発を盛んに発信し始めたのです。これは、習近平主席と金正恩委員長との間で両国の核心となる事案の合意が成されたのでは無いかとも考えられます。そして、ロシア・プーチン大統領が表舞台に出て来ていない事も大きな懸念材料となっています。しかし、米朝首脳会談は、再度調整をし別の日時で行われる可能性は残っているのです。米国は中東やシリアなどの問題も抱えている中で、北朝鮮とは平和的解決に向け多くの譲歩をして来ました。

米国が譲歩してきた幾つもの提案を北朝鮮はその都度一蹴して来たのです。米国国防総省(ペンタゴン)も中東、北朝鮮、シリアでの3方面軍事作戦は了とせず、戦略変更を余儀なくされました。

米国の北朝鮮政策を考える上で、表・裏共に両国の駈け引きで落とし処を見いだす事は不可能だと言う事は十分承知の上で今回この一連の動きとなった訳ですが、多くのカードを持っている米国に対し北朝鮮のカードは【核開発】・・この1つのカードしか持ち得ていない事は解りきっていた事です。大多数の北朝鮮人民が、飢えや疫病によって倒れ、死する事になろうと、北朝鮮が核ミサイル開発を破棄するなど到底考える事は出来ないのが現実なのです。

しかし、敢えて同じ事を書きますが、6月12日の会談を米国が中止発表しただけのものでしかなく、何としても北朝鮮に核廃棄をさせるために揺さぶりをかけている状況に変わりはありません。首脳会談をするまでの水面下での動きに何かしらの不具合、不都合があったとも考えられます。違うアプローチでの会談を模索中なのでしょう。米国世論では、約60%以上の米国民が北朝鮮への軍事作戦攻撃を是としています。また、中間選挙も間近に迫って来ている事情からトランプ政権も慎重にならざるを得なくなっている事は確かです。いつ開催されるかはまだ解りませんが、いずれにせよ近々、米国から何らかの発表があると考えられます。また、北朝鮮と陸続きの韓国は、歴代大統領もそうであった様に、現在の大統領である文在寅も自らの発言の中で、米国と北朝鮮の間を取り持ち両国の和解と平和への橋渡しの役割を担うバランサー役だと自画自賛して来ましたが、関係各国は皆揃って韓国の事など眼中に無いのが現実です。それどころか、文在寅大統領は北朝鮮のスパイ、工作員であるとCIA、NSCまでもが発信していた事実まであるのです。こうした重要案件を日本のマスメディアでは完全に報道される事無く日本人が知り得る事が出来ない様に隠蔽しているのです。

文在寅大統領が北朝鮮産まれで両親の墓は北にあり縁者達も北で生活している事を考えれば当然だと言えますがこれが事実だとした場合、韓国は既に北朝鮮の支配下にあるとの認識のもと戦略の立て直しが急務だと言えます。この事案に対して米国政府と米軍、日本政府と自衛隊はマニュアル通りの展開を見せていますが、事ここに至る状況にも関わらず日本の野党とお花畑日本人は、まるで他人事の様な認識しか持ち合わせていません。自らバランサーだと公言している韓国文在寅大統領は、北朝鮮には【米国が会談したい】旨話していると伝え、米国には【北朝鮮が会談したい】と話している旨伝えていた事は今回の米国書簡公開の中にも触れられています。

米国も、そして北朝鮮もが解っていた事案であると何故、思考する事が出来ないのか??

まだ何も決まらないうちから「南北会談は歴史的快挙」「ノーベル平和賞は誰が受賞するのか??」云々… などと安易に物事を考え過ぎなのです。まさに開いた口がふさがりません。幼稚極まりなく、国家を運営するだけの能力を持ち得ているとは到底考えられません。

さて、今回の北朝鮮問題で最早お解り頂けていると思いますが、【北朝鮮が核ミサイルを開発】・・・とした案件において人口2500万、世界的に最貧国家と目されている小国北朝鮮が核ミサイルを保有する事案に対し、超大国である米国。そして欧州、中国、ロシアなどの大国がこれ程まで巻き込まれ振り回されて来た状況を創り上げる事が出来ているのは…

【核武装】まさに、この1点のみであると言えるのです。

我が国日本が自衛のため【核武装】するとした場合の世界各国の特に特亜3国は徹底して潰しにかかる事は火を見るより明らかです。蛮族、匪賊であった中国共産党、ロシアは言うに及ばず、北朝鮮と西側である筈の韓国までもが完全に足並みを揃え多岐に渡る工作を仕掛けて来るでしょう。今回の北朝鮮問題は、良い意味で戦後から眠り続けて来た日本人を叩き起こすといった事に結びつく結果となったのです。(モリ・カケ問題)など未だやっているのか??

と、国民の多くが怒り心頭の状況です。審議拒否など論外、全野党は国民ではなく一体何処に目を向けて政治をしているのでしょう。現在の情報拡散システムでは【売国的な発言、行為、行動】は国民の目に直接届きます。

国民の血税を使い、売国奴的な行為を繰り返し行う事により、近い将来壊滅、一掃する事を担うのは怒り心頭である日本国民の手によって行われる事になりそうです。

広告