2018-06-11 『速報・米朝会談は1度きりのチャンス』 「難解度が増す米トランプ大統領」

引用 NHK報道2018年6月9日 23時41分

アメリカのトランプ大統領はG7サミット=主要7か国首脳会議に出席したカナダでさきほど記者会見し、米朝首脳会談について「金正恩委員長はみずからの国民のために前向きなことをすると信じている」と述べたうえで、「これは一度きりのチャンスだ」と述べ、金正恩委員長に対して、北朝鮮の繁栄と平和のためには今回の機会を逃すべきではないと促しました。

以上引用

【またしても、前言を撤回・・】

これ程まで、難解で全く読む事が出来なかった米国大統領は私共の知る限りにおいて存在しませんでした。良い意味として解釈すれば、敵の裏を欠く事が出来ると言えますが、悪く解釈すれば、信用するに値しないとも言えます。トランプ大統領に関しては、結果次第での判断をする以外に手立ては無さそうです。トランプ大統領に信頼を置かれている安倍首相は豊臣秀吉並みの「人たらし」の才能を持つ天才的宰相だと言う事がまた明らかになりました。

後は天才に任せ、我々は「果報は寝て待て」・・とする事に致します。

広告