2018-08-29 『フェイクニュースだらけの国際社会』 「真珠湾攻撃を忘れない・・米トランプ大統領発言と報道」

【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は28日。

トランプ大統領が6月にホワイトハウスで安倍晋三首相と会談した際「(第2次大戦の)真珠湾攻撃を忘れないぞ」と前置きした上で、難航している通商問題の協議を始めたと伝えた。異例の発言の背景には、対日貿易赤字の削減を目指し圧力を強める狙いがありそうだ。

米国では真珠湾攻撃は「卑劣なだまし討ち」との見方が強い。日本側の弱みと見なしてトランプ氏が通商交渉で譲歩を引き出すために、あえて日米首脳会談で触れた可能性がある。

同紙によると、トランプ氏は真珠湾攻撃に言及した後、米国の対日貿易赤字について激しく非難した。

以上引用

上記の記事は、時事通信社により米国ワシントンポストの報道として発信されたものです。

そして、日本政府、菅官房長官への記者会見の質問回答では・・!!

ワシントンポストが、トランプ大統領が今年6月に安倍総理大臣と会談した際、日米の貿易の問題に関連して「私は真珠湾を忘れない」と述べたうえで、日本の貿易政策を痛烈に批判したとも伝えたことについて「コメントは控えたいが、いずれにしろご指摘のような 事実はない」と述べました。そのうえで、【真珠湾攻撃を忘れていない。日本も、昔はもっと戦っていただろう。 日本もアメリカと同じように、周辺国ともっと戦うべきだ】との発言がトランプ大統領から伝えられた事が誤った解釈として発信されたもの。

と、回答したのです。

・・日本のマスコミの変わらぬ日常風景ですが、米国ワシントンポストがこの様なニュースを配信し、それをもとに如何にして日本国民、米国民、安倍首相、米トランプ大統領、そして全世界に向けてネガティヴ発信をするか!!

この様な事だけを考え日々の仕事としています。そして、これを真に受けてしまう人達がいるのです。戦後からの自虐史観から抜け出せない現実があります。

今回この様なニュースを発信させたのは??

という事です。

米国大統領にトランプ氏が就任する以前は、日本に対しての批判記事、ネガティヴ記事のオンパレードでした。しかし、トランプ大統領はマスメディアを一切信用していません。更に言えば、敵対関係とまでになっています。ワシントンポストの大株主はamazonです。トランプ大統領はamazonも批判しています。日本には戦後から変わらずなされて来た事ですが(GHQ・プレスコード)米国大統領をも対象となったのです。

さて、これを意図して発信させたのは??・・

日米分断を企てる「中国共産党政府」・・と

巻き返しを図るキッシンジャー氏・・??

ほぼ間違いないでしょう。

米中貿易戦争で追い込まれている中国共産党政府のいつもの手口なのです。そして、またこの手の工作を仕掛けて来るでしょう。

前にも書かせて頂きましたが、我々国民はメディアリテラシーを磨き、決して鵜呑みにせずに、先ずは自身で思考する事から始め、一人一人が賢くなる必要があります。

広告