2018-09-24 『自民党総裁選・・ (補足) 』 「小泉進次郎氏の透けて見える勘違いと打算」

前回の自民党総裁選案件で当ブログにて書かせて頂きました(補足)です。

自民党総裁選、安倍晋三氏、最後の演説が秋葉原でおこなわれ、麻生副総理が安倍首相の露払いとして一声を発した中で、この様な発言をしました。

「俺について来れば (冷飯) を喰わなけれならなくなる!!」

これに対して「麻生さんに着いて行く」と表明し、共に冷飯を喰う覚悟で腹を決めた人間が「故 中川昭一、安倍晋三、菅義偉、甘利明」だけだったと声高に発信しました。

石破茂氏が出馬した今回の自民党総裁選。

現職の総理総裁である安倍氏に対し「出馬はするが負けた人間を干すな」と云った発言がありました。そして、その挙句には安倍首相の性格や人間性そのものを批判する事までTV等で発言していたのです。

組閣の際、安倍首相は石破派に対して情けなどかけず、キッチリ干せば良いのです。

さて本テーマである、小泉進次郎氏ですが、TVやラジオ、新聞などからでしか情報を得られていない世代層の国民の間では、まだまだチヤホヤされる人気者なのでしょう。しかし、この様なチヤホヤされてきた環境から本人が如何に勘違いしているか … と云う事が浮き彫りとなった事で、敗戦直後に生まれた現在の主流である団塊世代と、当代の若者世代とが世代交代した後の日本で、当代若者層の大多数の支持を得られなくなると見る事が出来ます。投票直前に、石破支持を表明。

以前、当ブログにて書かせて頂きました私共の予期して来た通りの結果となりました。そして、本人が語った事としては「安倍さんか、石破さんか、と云う二者択一に見えて、そんな単純な話しではなかった」・・この発言からの私共の見解では、二者択一でなければ、白票を投じればよいだけではないのか?? ・・!!

また「自民党は、違う意見を押さえつけるのではなく、違う声を強みに変えていく党でなければならない」・・この発言は正直、何を言っているのかサッパリ解りません。どう捉え、どう解釈すればよいのでしょうか??

そもそもこの発言は日本語なのでしょうか??

しっかり国語を勉強した日本人はこの様な文法発言を用いません。小泉氏は、自民党総裁選がスタートした直後から、安倍、石破両氏のどちらかを支持する。とした明言を避けて来ました。最終最後まで引き延ばす事によって、小泉氏自身の価値(??…)を高め、自身の票を高値に吊り上げると云う既に通用しなくなっている古い戦略を採ったのです。石破支持を表明する事を、投票直前まで我慢して待つ事で石破支持を煽った事にならない様に演出し、安倍首相側からの批判は避けられると計算したのでしょう。

かたや負ける事は折り込み済みで石破氏を支持、票を投じた事で恩を売れ、部分的にではありますが次の総裁、総理への礎とする事が可能です。典型的な自身の過大評価で、それ以上でも以下でもありません。本テーマの最大の肝となる事は、小泉氏は石破氏に票は投じれど、石破氏の政策に賛同するとも、石破氏が総理になる事を望んでいる等のコメントは一切口にしていません。訳の分からない、解釈困難な発言をしただけなのです。安倍首相にも石破茂氏をも手玉に取り、将来の総裁、総理への野心を見せ始めた。小泉氏の今回の一連の「透けて見える打算」が解らない自民党議員のレベルの低さに辟易し嫌悪感すら覚えます。政治に必要であるのはリアリストであり、自己判断すら出来ない政治家は退場願いたい。

結局のところ …

「小泉進次郎氏は自分自身に投票した」と云う事です。

 

 

広告