2018-10-28 『策士安倍首相・本領発揮か??』 「安倍首相・外国人受け入れに意欲!!… 野党は揃って(拙速)だと猛烈に批判」

自民党は外国人労働者の受け入れ拡大に向けた新たな在留資格を創設する出入国管理法改正案の部会了承を29日以降に見送る。

当初は26日の了承を目指していたが、法案を審議する法務部会で治安悪化や環境整備の遅れに対する懸念の声が相次いだため慎重に議論することとした。

以上・引用・日本経済新聞

安倍首相の策士振りが炸裂して野党が息絶えだえ状況となっています。

簡単に書かせて頂きますと …

・野党 「外国人の受け入れ拡大には慎重に議論を重

ねて万全を期す事が肝要である」

・ ⇒ 「安倍首相・ OK !! 野党さんから多くの反対

の声がありますので見送ります!!」

・ ⇒ 「野党」⇒ え~~!!

極端な見解ですが、これが狙いだった可能性は否定出来ないでしょう。野党からの猛反発に考慮致しました…安倍首相ニヤリ。

消費税増税も何らかの策略ありと、つい期待してしまいますが、現実として増税無しによる国債増加に対しての野党の出方(猛反発)は分かりきっている事から何らかの計略により「増税凍結」に是が非でも野党を巻き込みたいと考えているのは、成せる・成せない以前に大いに考えられる事です。

少しの期待はしていますが、最近の安倍首相は、どこを見て政治と成しているのかわからない事が多々あるように思えます …。

 

 

広告