『昭和天皇の玉音放送の本当の意味を知っていますか??』「大東亜戦争」〜「第2次大戦」の終結を告げるラジオ放送が、1945年8月15日正午から行なわれました」

戦後70余年の間、学校教育では反日日教組主導のもとで子供達に教える事もなく、マスメディアでは …。

「耐え難きを耐え … 忍び難きを忍び … 」

と云う部分を強調し、この文言だけ放送し続けて来たのです。この部分の文言の抜きとりは、天皇陛下から国民に対し「耐え難きを耐え … 忍び難きを忍び … 」と呼びかけたお言葉では無く、陛下自らが耐え難きを耐え、忍び難きを忍ぶと発言なされたものなのです。このお言葉は決して陛下が国民に求めたものではありません。天皇陛下のお言葉を全文伝える事に大変不都合な理由を持つ勢力が現在もこの日本国内に蔓延っているのです。

この、文言をカットし都合良く繋ぎ合せ、編集してからの報道は、現在でも行なわれている日常的現実なのです。

この「昭和天皇のお言葉」…。

簡単に言ってしまえば、「敗戦」でも「降伏」でもありません。

そんな、お言葉はどこにも無いのです。

「日本とアジアの共栄共存」を願い戦って来たが、米国が非人道的な兵器、原子爆弾を使って、多くの一般国民が亡くなってしまい、これ以上の日本人犠牲者を出す訳にはいかないため、一時、ポツダム宣言を受け入れ「戦闘を終了する」とお話しになっておられるのです。ですから、現在でも8月15日が「敗戦」では無く「終戦」記念日となっているのです。

そこで今回 …。

先帝陛下が日本国民に向けお話しになった事を、漢文体ではなく、現代語で書き記したいと思います。

「昭和天皇の日本国民へ向けた玉音放送文」

「私は深く世界の大勢と日本の現状について考え、非常な手段によってこの事態を収拾しようと思い、忠義で善良なあなた方臣民に告げる。

私は帝国政府に、米国、英国、支那、ソ連に対してポツダム宣言を受け入れる事を通告せしめた。

そもそも日本国民の安全を確保し世界の国々と共に栄え、その喜びを共にする事は天照大御神から始まる歴代天皇、皇室が遺訓として代々伝えて来たものであって私もそのように努めて来た。

先に、米国、英国二国に宣戦を布告したのも、我が帝国の自立と東亜の安定を願ってのものであって、他国の主権を侵害したり、領土を侵犯したりする事はもちろん私の意思では無い。

しかしながら、戦闘状態は四年を超え、我が国の陸海将兵の勇敢な戦闘や、我が国の官僚、公務員達の勤勉な働き、私の一億国民の努力、それぞれ最善を尽くしたにもかかわらず、戦争における状況は良くならず、世界の情勢も我々には不利に働いている。

それだけでは無い、敵は新たに残虐な爆弾を使用して、何の罪も無い多くの非戦闘員を殺傷し、その被害はまったく図り知れない。

それでもなお戦争を継続すれば、最終的には日本民族の滅亡を招き、そして人類文明をも破壊してしまう事になってしまうだろう。

そのような事態になったとしたら、私はどうして我が子とも言える多くの国民を保ち、先祖の霊に謝罪する事が出来ようか。

これこそが、政府にポツダム宣言に応じるようにさせた理由である。

私は日本と共に終始東亜の植民地解放に協力した友好国に対して、遺憾の意を表わさざるを得ない。

帝国臣民にして戦場で没し、職場で殉職し、悲惨な最期を遂げた者、またその遺族の事を考えると、体中が引き裂かれる思いがする。

さらに戦場で負傷し、戦禍にあい、家族や職場を失った者の厚生については、私が深く心配するところである。

思うに、これから日本の受けるであろう苦難は大変なものになる。

国民達の負けたくないという気持ちも私はよく知っている。

しかし、私はこれから『耐え難い事を耐え、忍び難い事を忍んで』将来のために平和を実現しようと思う。

私は、ここにこうして国体を守り、忠義で善良なあなた方臣民の真心を信頼し、そして、いつもあなた方臣民と共にある。

もし、感情的になって争い事をしたり、同胞同士が歪みあって、国家を混乱に陥らせて世界から信用を失うような事を私は強く懸念している。

国を挙げて一つの家族のように団結し、子孫共々、固く神国日本の不滅を信じ、道は遠く、責任は重大である事を自覚し、総力を将来の建設のために傾け、道義心と志操を固く持ち、日本の栄光を再び輝かせるよう世界の動きに遅れないよう努めなさい。

あなた方臣民は私の気持ちを理解しそのようにして欲しい」

以上

このように、ただの終戦宣言では無い事が分かります。

米国が原爆と云う狂気の兵器を非戦闘員にまで使った。

このまま続けば、アジアだけでなく世界中が滅びると云う事が分かったからこそ、終戦した事が理解出来ます。

未だにマスメディアでは「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び… 」

を繰り返し、先の戦争は、日本が絶対的な悪なのだと云う事のみ国民に洗脳的に摩り込ませています。

先帝陛下のお言葉とお気持ちを大切に胸に刻み、我々日本人は、日本民族と世界の平和のため一致団結して前に進むことが肝要なのではないでしょうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中