『葛飾北斎』 なぜ日本ではあまり評価されていないのか…不思議である。

『葛飾北斎』モネやドガ、ゴッホといった印象派の画家たちをはじめ多くのアーティストに多大な影響を与え、世界で最もリスペクトされている絵師として知られているが、日本ではあまり評価されていないように思う。…

・八方睨み鳳凰図 下絵(1848年) 葛飾北斎 87歳

長野県・岩松院の天井に描かれた天井画。畳21枚分の巨大な大作である。86歳~87歳までに描かれたもの。真ん中の三角部に隠れた「富士山」現在に至るまで、一度も手入れされること無く当時の色彩と光沢を保っている。

 

・甲州石班沢(1831~35年/『冨嶽三十六景』より)北斎 70歳~74歳

“北斎ブルー”として世界的にも有名な画。『冨嶽三十六景』のひとつで藍摺絵(藍色の濃淡のみで仕上げた画)当時、海外の芸術家たちを驚愕させたこの色使いは“HokusaiandBlueRevolution(青の革命)”とも呼ばれているそうである。構図も面白く、岩と猟師の持っている網で富士山と同じ三角形を描いている。

 

・文昌星図(1843年) 葛飾北斎 82歳

筆を持った鬼。私は北斎自身を描いたものではないかと考えている。

 

・田植図(1843年)葛飾北斎 82歳

北斎晩年の作品である。田植えをする人々のかぶる白い丸が印象深い。西洋画風にも感じられる。

 

・雪中虎図(1849年) 葛飾北斎 88歳

北斎の最晩年に描かれた“虎” である。死の数ヶ月前に描かれたとされた作品。質感、肢体共に何とも言い難い見る者を惹き付ける何かを感じる。

 

・木曽路ノ奥阿弥陀ケ滝(1833年・諸国滝廻り』より) 葛飾北斎 72歳

滝そのものが斬新すぎる作品である。
北斎が描いた多くの滝の中の一つ。流れ落ちる寸前までの水の表情と、流れ落ちる水の表情が全くもって違うという描かれ方である。

 

・鍾馗騎獅図(1844年) 葛飾北斎 83歳

北斎、80の齢を超えてなお凄みが潰えていない一枚「端午の節句」の厄祓いにと、鍾馗(しょうき)が、魔除けの獅子に乗ったもので、北斎自らの厄を祓うものとして描かれたとも云われている。

 

・手踊図(1818~29年) 葛飾北斎 57~68歳

動きのある美人画。一瞬を切り取る名人と云われた北斎ならではのもの。

 

・凱風快晴(1831~35年/『冨嶽三十六景』より) 葛飾北斎 70~74歳

通称、赤富士と呼ばれるものである。
『波の画』と等しく海外で非常に有名な作品である。

 

・富士と笛吹童図(1839年ごろ) 葛飾北斎 78歳

もう一つの富士の山。この構成の素晴らしさと、凄まじいまでに琴線に響く画である。

 

・渡辺の源吾綱 猪の熊入道雷雲(1833~35年・『山本屋版武者絵』シリーズより) 葛飾北斎 72~74歳

風景画だけでなく、武者の画も圧倒的な凄みを見ることが出来る。

 

・「お岩さん」(上)「小はだ小平二」(下)(1831~32年・『百物語』より) 葛飾北斎 70~71歳

北斎流のお化けである。シリーズものであったとされているが、現存を確認出来ている画は5点だけであるそうだ。

 

・蛸と海女(1820年ごろ) 葛飾北斎 59歳

約200年ほど前に描かれた、北斎の春画である。春画でのペンネームは「鉄棒ぬらぬら」であったそうだ。

 

・くだんうしがふち(1804年~07年) 葛飾北斎 43~46歳

北斎は、西洋画の技法の作品も多く残しているが、その中の一つである。

 

・蛇と小鳥(1833年~1839年頃・「肉筆画帖」より
葛飾北斎 72~78歳

天保大飢饉の中で描かれ「肉筆画帖」シリーズとして売り、飢えを凌いだという話しが残っている。

 

・鮭と鼠(1833年~1839年頃)「肉筆画帖」より
葛飾北斎72歳~78歳頃

この作品も『肉筆画帖』の中の一枚。

 

・神奈川沖浪裏(1831~35年/『冨嶽三十六景』より) 葛飾北斎 70~74歳

葛飾北斎の日本画の中で歴史的に最も有名な画であり北斎画の傑作の一つ。海外では「グレートウェーブ」と云う名で呼ばれる。

 

・鳳凰図屏風(1835年) 葛飾北斎 74歳頃

約180年前に描かれた圧倒的な鳳凰の屏風絵である。

 

・西瓜図(1839年) 葛飾北斎 78歳頃

ただのスイカなのだが妙に妖しい。北斎ならではの一枚である。

 

・弘法大師修法図(1844~47年ごろ) 葛飾北斎 83~86歳

「空海 対 疫神」
弘法大師と真言宗の開祖・空海が疫神を調伏している画である。

 

・月みる虎図(1844年頃)葛飾北斎 83歳

「月と虎」
月を見上げる虎の寂しさを感じる一枚である。

 

・遊女図(1810~19年ごろ) 葛飾北斎 49~58歳

北斎、中年期作品。幾重にも重なる着物の色彩の鮮やかさよ。

 

・唐獅子図(1844年) 葛飾北斎 83歳

中心の獅子を北斎が描き、周りの華を描いたのは娘である葛飾応為であると云われる、親子合作の一つである。

 

・富士越龍図(1849年) 葛飾北斎 88歳頃

「昇り龍」

北斎、死の3ヶ月ほど前に描かれたとされる作品である。天に昇る龍は死が近づくのを悟った北斎自身のようである。

 

最後に…

葛飾北斎・自画像

鬼気迫る晩年を自ら描いた北斎。

晩年自らをこう号している。

「画狂老人卍」(がきょうろうじん まんじ)

また、北斎はこう記した。

「70歳までに描いたものは本当に取るに足らぬものばかりである。(そのような私であるが、)73歳になってさまざまな生き物や草木の生まれと造りをいくらかは知ることができた。ゆえに、86歳になればますます腕は上達し、90歳ともなると奥義を極め、100歳に至っては正に神妙の域に達するであろうか。(そして、)100歳を超えて描く一点は一つの命を得たかのように生きたものとなろう。」

北斎は数え年90歳になって、この世を去った。彼の言葉を借りれば、奥義を極めた齢である。

しかし、北斎の最後の言葉は次のようなものであった。

「天我をして五年の命を保たしめば 真正の画工となるを得(う)べし 」

常に現状に満足せず、引っ越しは93回に及び、改名すること30数回。

生涯に描いた画は3万点と云う。

「世界第一の画工になる」と本気で宣言し、80歳を越えても、「猫一匹も描けない。意のままにならない」と、悔し泣きをした老人、それが葛飾北斎その人である。

北斎辞世の句…

『人魂で 行く気散(きさん)じや 夏野原』

・人魂になって、夏の原っぱにでも気晴らしに出かけようか

広告

『葛飾北斎』 なぜ日本ではあまり評価されていないのか…不思議である。” への10件のフィードバック

  1. 北斎ほど、常に変化を求めた画家も少ないかも知れませんね。
    久しぶりに北斎の作品の数々を、堪能させていただきました!

    いいね: 3人

  2. tabisurueiyoushi様
    私は、北斎が大変好きで、収集もしておりますが、欲しい画は殆ど美術館などにあり、オークションに出品される画も大変高額なため、なかなか手に入りません(><)

    いいね: 2人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中