『日本銀行券刷新にあたり日本政府が選定した偉人』 「世界一の反日国家からの内政干渉」

我が国日本は5月1日より「令和」の新時代を迎える。御代替わりに伴い、日本政府は紙幣刷新を発表したと数回前の拙ブログにて書かせて頂いた。

さて、この新紙幣の図柄の人物について早速、韓国から猛反発が起こっている。

新紙幣に採用される偉人の朝鮮半島との拘わりは、次のとおりなのだそうだ。

まず、一万円札に採用された「渋沢栄一」

韓国での初の紙幣に用いられた人物。朝鮮半島の経済侵奪の先鋒に立った象徴的人物とされているそうだ。

 

五千円札に採用された「津田梅子」

韓国は世界で最悪の国だと酷評した人物だそうだ。

 

千円札に採用された「北里柴三郎」

弟子が朝鮮総督府医院長だと云う事である。

 

次に韓国国内での報道から以下引用…

【日本新紙幣】『朝鮮日報』が憤怒、「朝鮮侵略の元凶級人物・渋沢栄一を紙幣に刷る事は、我が民族に対する容認できない愚弄であり挑戦だ。… 等、紙面を賑わせている状況だ。

もう少し突っ込んだ検証をしてみたい。

まず、「渋沢栄一伝記資料」より

渋沢栄一は、朝鮮を「全く腐敗の極に達し、国士の風あるもの皆無」、「半島国民の全体は貨殖蓄積という観念を持ち得ない。それは無理もないことで、仮に勉励刻苦して貨殖蓄財をなしても、たちまち郡守に横奪されるという政治的傾向 のために、そうした観念がない。

国王が韓人を待遇する態度には、いにしえの名君の風はない。国王がそのよう な有様であれば、その部下である韓国民も始終猪疑心をもって生活しなければならず、国を愛し、仕事を大切にする性情を欠き、あたかも闇黒の世界に棲息する状態である。最近、日本をまねて、日本の風俗に学び、予算の 仕組み、その他の制度上の外形はポツポツと変わり始めたようであるが、その実態は血液骨肉のない躯体と同然である」… このように記している。

朝鮮日報の記事を読むと、新聞社として韓国企業に対し、日本の新紙幣を使うことは「親日罪」(韓国で云うところの犯罪的意味を持つ)親日行為とみなし、日本との貿易縮小、日本旅行取りやめを呼びかけているように考えられるのである。

次に、津田梅子であるが、こう手紙で述べている。

津田梅子の手紙(米国との書簡) 1883年(明治16年)9月 30 日付 韓国紙。

明治16年9月30日の手紙。父が帰ってきました。2、3日前に、思ったよりも早く着いたのです。朝鮮についてとても興味深くおもしろい話をしてくれました。いくつかの点では、動物の方がこのような汚い朝鮮人よりましだと思いますし、あるところには本当に野蛮な人びとがいるのです。彼らは衣服や食料はとてもよいのですが、粗末に不潔につくられているのです。家は掘っ立て小屋のようだし、妻たちは完全に奴隷か囚人のようです。寝食や労働のために一つの部屋からでることもせず、下層階級の人びとだけが日中、日光にあたるくらいのものです。…彼らの習慣は下劣で、何もかもが汚くそして粗野なのです。…父が私に朝鮮について多くのことを話してくれました。あなたの記事のために、聞いたことを書いてまとめたいと思います。きっと、とても関心をもたれると思いますので、書いたら送ります。ある意味で、世界で最悪の国のように思われます。日本で出会った朝鮮の人たちは、人間的にも精神的にも日本人の特徴ととても似ていて、善良で知的で頑強な男性に思われたのですが、どうして人間がそのようになれるのか驚きです。

以上

最後に、北里柴三郎については、当然の事ながら、医学的見地から(当時、不衛生極まりなかった、とされる)朝鮮について何らかの見解情報が発掘(捏造)されることになると予見出来るのである。

ここで、一つの私見を述べたい。

安倍政権は、これら新紙幣で採用される偉人が述べた上記の話などから、政権は、韓国側から経済交流・人的交流をやめさせることを狙っているのではないかと考えている節が見えるのだ。新紙幣発行を契機として、韓国政府、韓国企業、韓国民に対し「日本との貿易ボイコット」「日本旅行ボイコット」「ワーキングホリデーボイコット」をけしかけているのではないのか??

政権は、敢えて、朝鮮嫌いの偉人を選んだ可能性があるのではないのか??…

当然の事として、日本側からの韓国への態度は、今現在のような丁寧な無視でいいだろう。(戦略的無視)

先の米韓首脳会談時におけるトランプ大統領の対応(漫画的演技 = 一種の丁寧な無視)を真似るべきである。いや、そうする価値があるのではないか??… と考えている。

米トランプ大統領が韓国文在寅大統領に相対したように会話は勿論のこと、議論に発展させず、さっさと打ち切り、最終的には、日本が併合する以前の朝鮮半島、即ち経済状態、社会状態に戻す事。

これこそが、我が国の韓国に対する戦略的無視(丁寧な無視)としての正しい接し方となるのではないのか??

日本が為すべき韓国に対する国策の最終的な目標とは、韓国国家揚げての「反日」言動、行動に対しての目先の経済制裁等では無く、朝鮮半島を「日本併合以前の状態」に先祖帰りしてもらう事が一番なのではないかと、トランプ大統領の今回の対応から学ぶことが出来たのである。

広告

『日本銀行券刷新にあたり日本政府が選定した偉人』 「世界一の反日国家からの内政干渉」” への5件のフィードバック

  1. tabisurueiyoushi様
    津田梅子氏の手紙の内容、真実だからこそ、また現実であったからこそ、彼の国は今こそ「日本統治・併合時代」以前に戻して差し上げましょう。
    独自の力のみで国家経営して頂きましょう。併合期に彼の国に残して来た我が国の資産と、当代までに貸し付けている資金も全額返済して頂くことは当然のことですが…。

    いいね: 2人

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中