『ローリング・ストーンズのロニー・ウッド、バンドをピカソ風に描いた絵画を公開』NME

ザ・ローリング・ストーンズのギタリストであるロニー・ウッドはバンドをパブロ・ピカソ風に描いた作品を含む自身が手がけた新たな一連の絵画を公開している。

ロニー・ウッドがザ・ローリング・ストーンズをパブロ・ピカソ風に描いた絵画は「アブストラクト・ストーンズ」と題されたもので、彼が現地時間4月26日から直筆のサイン入りで販売する5枚の作品のうちの1枚となっている。

「『ザ・ピカソ・ストーンズ』と呼んでいるんだ。彼の『ザ・スリー・ダンサーズ』という絵を、僕なりに解釈したものだよ」とロニー・ウッドは述べている。「オリジナルの作品を見た時に、僕もバンドのメンバーを入れたものを描いてみたいと思ったんだ。いくつかのヴァージョンを描いたんだけど、そのそれぞれが少しずつ異なっていて、描くごとに磨かれていったんだ」

「楽しみながら描けたよ。ピカソ自身もたくさんのアーティストをモチーフにしていたわけだけど、自分も誰かのモチーフになるなんてことはきっと思っていなかったんじゃないかな。彼が喜んでくれていることを願うと同時に、彼が僕の作品に少し衝撃を受けて、いい意味で驚いてくれることを願っているよ」

ロニー・ウッドはまた「ブリッジズ・トゥ・バビロン」や「アーバン・ジャングル」、「ヴードゥー・ラウンジ」といったザ・ローリング・ストーンズの代表的なツアーのポスターをモチーフにした絵画も手がけている。

一方、ザ・ローリング・ストーンズのフロントマンであるミック・ジャガーは現地時間4月18日に、心臓の手術後に初めて公の場に姿を現している。

現在75歳のミック・ジャガーは先日、ニューヨークのプレビステリアン病院で心臓弁の置換手術を受けており、バンドは彼の手術に際してツアーの日程を延期することを発表している。

私は、亡き父が好きであったR&Bの流れる家庭で育った。そうした環境の中で、ある日ラジオから流れた“ ジャンピング・ジャック・フラッシュ ” に、頭のてっぺんから足のつま先まで、稲妻が走り抜けるような衝撃を受けた。

周りの友人達の多くは “ ビートルズ ” を聴いていた中で、ひたすらストーンズを聴きまくったものである。

日本に初来日した時も、東京ドーム公演初日に駆けつけ熱くなり過ぎ、涙が溢れた。

今やストーンズのメンバーも、皆既に70代だ。

毎回、「ラストツアー」になるかもしれないと云われ続けて来た中で、当代まで現役かつ世界のミュージック界のトップを走り続けている。

そう、まさに “ 転がる石 ” のように…

その名も「富嶽大舌景」…

ストーンズと葛飾北斎のコラボ!!

最近見つけた私のお気に入りである。

広告

『ローリング・ストーンズのロニー・ウッド、バンドをピカソ風に描いた絵画を公開』NME” への6件のフィードバック

  1. 僕の好きだったバンドも、その音のルーツを辿れば皆ストーンズに行き着きます。
    あの頃は、わけも分からず転がり続けていたものです。
    「富嶽大舌景」は初めて知りました。
    カッコよすぎでしょう!
    これを新券のデザインにしたら良いのに 笑

    いいね: 1人

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中