『勅使発遣の儀』に臨まれる天皇陛下 ・音声無し(No audio)

2019年05月08日
秋の即位の礼と大嘗祭の期日を伊勢神宮と神武天皇陵、昭和天皇はじめ前四代の天皇陵に報告するため、天皇陛下が使者である勅使を派遣される「勅使発遣(はっけん)の儀」が8日午後、皇居・宮殿「竹の間」で行われた。
宮内庁によると、午後2時、「御引直衣(おひきのうし)」という白の装束を着た陛下が竹の間に入った。「衣冠単(いかんひとえ)」という黒の装束を着て剣を下げた勅使に、山本信一郎長官が、即位の礼と大嘗祭の期日を記した「御祭文(ごさいもん)」を手渡した。陛下は勅使に対し「よく申してたてまつれ」と述べた。(宮内庁提供)【時事通信映像センター】

音声なし(No audio)

こうした、御皇室の儀式を拝見賜るたび想うのは、日本国に生を受けた事への感謝の念。また、日本人としての誇りを持てるということである。

広告

『勅使発遣の儀』に臨まれる天皇陛下 ・音声無し(No audio)” への22件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中