“ 支那企業・イラン制裁違反 ”

中国の石油タンカーが船舶名変更、米の対イラン制裁回避目的か

ロイターから引用

[シンガポール/クアラルンプール 16日 ロイター] – リフィニティブおよびベッセルズ・バリューの船舶追跡データによると、中国企業が所有する超大型原油タンカー(VLCC)「パシフィック・ブラボー」がマラッカ海峡に向かう途中のインド洋沖合で6月5日、船舶の位置などを示すトランスポンダー(無線中継機)のスイッチが切られ、追跡できなくなっていたことが分かった。

米政府は、パシフィック・ブラボーがイラン産原油を積んでおり、米国の対イラン制裁に違反するとして、アジアの港湾都市に対し同船を寄港させないよう警告していた。

VLCCは一般的に約200万バレルの石油を輸送する。[nL4N2343JL] その後、7月18日にVLCC「ラテン・ベンチャー」のトランスポンダーがマラッカ海峡に面したマレーシアのポートディクソンで作動した。ポートディクソンはパシフィック・ブラボーが最後に位置を示した地点からおよそ1500キロメートル離れている。

ただ、船舶追跡データによれば、ラテン・ベンチャーとパシフィック・ブラボーが発信した国際海事機関(IMO)の船舶識別番号は「IMO9206035」で一致。IMOの識別番号が変更されることはないため、ラテン・ベンチャーとパシフィック・ブラボーは同一のタンカーであり、所有者が米国の対イラン制裁の回避を試みた可能性がある。

オンライン船舶サイト「イクエーシス」のデータによると、タンカーの所有者は上海を拠点とするクンルン・ホールディングスで、シンガポールにもオフィスを構えている。オフィスに電話で問い合わせたが応答はなかった。

追跡データによると、パシフィック・ブラボーとして航海中の貨物タンクは満杯だったが、42日後にラテン・ベンチャーとして現れた際には空だったという。

タンカーの石油が積み下ろされた地点は確認できていない。

マレーシア当局の発表によると、ラテン・ベンチャーは6月29日にポートディクソンに入港し、乗組員を入れ替えた後、7月18日に出港した。ただ貨物の積み下ろしはなかったという。

船舶追跡データによると、ポートディクソンを出港後、タンカーはシンガポールを通過し、マレーシアの南東海岸に寄港。7月25日のデータでは貨物タンクがほぼ満杯となり、8月14日時点では同地点に停泊中という。

以上引用

支那がイラン制裁違反による制裁を回避するためOil Tankerの無線中継機を切り別の船舶かのように装っていたことが分かったようだ。

イラン産原油を積んでいたPacific Bravoという名前の船舶がStrait of Malaccaで行方不明となったが、1カ月半後には1,500km離れた別の場所で存在が確認されたと云う何とも胡散臭い話しである。イラン産原油を積んだ船舶はアジア諸国の港湾都市への寄港が許されていなかったため、制裁回避の目的があったと推測出来る事案だ。

まず空白の1か月半…

支那がイラン制裁に違反した重大な事件である。しかも、タンカーが途中で消えた…

支那上海を拠点とする企業が保有していた “ Pacific Bravo ” と云う名の船舶だそうたが、Indian Oceanで6月5日に行方不明になったとのことである。そして、約1か月半後の7月18日にマレーシアのPort Dicksonという場所で再び発見された。距離にして1,500km離れているそうだ。

発見された船舶は “ ラテンベンチャー ” という別の名前になっており別の船かのように装っていたところ、IMOによる船舶識別番号が同じだったことで見事にバレた。

支那は船舶識別番号までも知らなかったと云うことなのであろうか??

でなければこの様にすぐバレる様な隠蔽工作をするであろうか??

マレーシア・ポートディクソン……

マレーシアのPort Dicksonでの入港地点が特定できないと云うことだったらしいが、マレーシアの何処かで3週間ほど停泊していたようであるので休みながら次の目的地へと向かったものと思われる。8月中旬現在ではマレーシアの南東部に停泊中とのことらしい。ほぼシンガポールに位置するが、支那へ向かうことに待ったがかかったのであろう。IMOの船舶識別番号により数カ月前からずっと追跡されていたと推測できる。逮捕取り調べ中で、マレーシア当局が情報を全て把握しているらしいと云うことからそれらを米国に渡すかどうか… と云うところか??

重要なことはマレーシアに到着した時点で積み荷が空だったことであろう。6月5日に消息を絶ってから7月18日に別の船としてマレーシアに入港するまでの1カ月半の間に積み荷のイラン産石油は洋上で引き渡しをしたものと思われる。Strait of Malaccaを通過する航路を計画する際に、多くの区間で積み荷が空のままと云うことは考えにくい。マレーシアから先は通常の貿易であったのであろうかと思われる。インド洋は太平洋よりも監視がゆるいと云われている。そこで国籍不明の船舶と “ 瀬取り ” をして石油を渡した。相手は支那の別の船かあるいは北朝鮮、もしくは韓国かもしれない。渡した相手のことはまだ正確な情報が出てきていない。

今回のイラン産原油引き渡しに伴い判明した事実関係について支那当局がどのような反応を示すかは解らないが、いずれにせよ支那は今頃真っ青であろうことは想像に難くない。新たなイラン制裁違反発覚となれば支那経済にさらなるダメージとなるであろう。

香港デモが本格的に大規模になって来ている現在、支那はもはや全方位に問題が山積している状態である。

全く持って自業自得とはこのことだ。

広告